イタリアンロックの雄 : New Trolls / P.F.M.



Zarathustra Felona e Sorona Ys 甦る世界(K2HD/紙ジャケット仕様) マクソフォーネ ̄生命の故郷(紙ジャケット仕様) Pictures 汚染された世界(紙ジャケット仕様) 歓喜の時(紙ジャケット仕様) メロス(紙ジャケット仕様) 夢のまた夢(紙ジャケット仕様)

New Trolls - Concerto Grosso N. 1

コンチェルト・グロッソ(紙ジャケット仕様)  ユーロロックと一括りに語られることも多いし、実際自分でもユーロ系ってことでまとめたジャンルとして聴いている傾向もあって、改めてそうではないんだなぁと思い知らされながら最近はイタリアものをよく聴いているのだが、ともすればハードロックバンド、しかも様式美、叙情性たっぷりなイタリアンサウンドを持ったバンドがオーケストラとの融合を果たした結集として世界中に知れ渡るほどの名盤を生み出したのが「コンチェルト・グロッソ1」。最初に聴いた時からこれも結構インパクトあって、イタリアの連中はホントに自己満足のエゴの塊でロマンチストなんだなぁと思ったんだが(笑)。

 「コンチェルト・グロッソ1」と題された彼等の三枚目の作品は見事にオーケストラとの融合を果たした傑作で、コレでこのバンドに一気にハマるだろう。ちょっと露出過多という気がしないでもないんだけどね。オープニングからストリングスが鳴り響き、格式ある宮殿音楽でも聴くかのような厳かなバイオリンの旋律から始まるが、それはすぐにロックバンドサウンドと融合してしまい、フルートとの掛け合いから気持ちの良い中音域をブーストして歪みまくったギターがサウンドの要となり、以降更に美しく正にバロック風の旋律から場を盛り上げていく…オープニング2分半にしては強力な、リスナーを惹き付けて止まない素晴らしい曲。打って変わって静かに始められるアダージョでは美しいコーラスから歌が奏でられ、優しくも美しい旋律に乗せ、ストリングスの音と共に泣きのフレーズが連発されるが、ここでもギターソロが自己主張しており、ロックバンドの音を聴いていることを思い出させる結構エグイ音。曲の構成的には静→動→静→動というドラマティックな終わり方はかなり好み♪ 即座にまたバイオリンによる旋律が奏でられ、曲中で主要な役割を占めることとなるが、そこへオーケストラサウンドが重なり、荘厳なそして叙情性を強調した旋律が繰り広げられる素晴らしい展開だ。そこでもギターが自己主張している部分が聞こえるトコロがギタリスト的にすごく好き(笑)。4曲目では「Shadows (per Jimi Hendrix)」と題されているが、オープニングこそフリーインプロっぽいものの、即座に今度は乾いたサウンドのギターが独自のフレーズなんだが、フレーズの出所は「Hey Joe」あたりのジミのフレーズが聴かれるので意識して弾いたんじゃないかな。曲そのものは美しいバラード調の曲で、「Little Wing」を意識したかのようなものなんだが、フルートの調べがこういう曲にはよく似合っていて感情を動かされるね。もちろん最後のギターソロについては的なジミそのもののフレーズが連呼されて収束を迎えるが、ちょっと粗雑かなぁ…。宇宙に行くようなサウンドはわかるんだが(笑)。

 で、A面終了。クラシカルなサウンドを中心にオーケストラと創り上げた見事な音楽でやりすぎ感もあるけど良いよね。

 B面?一曲で20分半なワケで、即興性の効いたニュー・トロルスというバンドの本来持っている特性を出した曲なんじゃないかな。ギターがねぇ、金属的っつうか割れ気味の音で滅茶苦茶ロックしてるってのが良い(笑)。オルガンやらフルートやらも凄く味を出していて、特にフルートの使い方が良いね。演奏そのものはクラッシック系からジャズ系、そしてロック系って感じでかなりアバンギャルドで面白くってA面の構築美とは全然異なったかっこよさがあるんだけど、アルバムそのものの評価は一般的にはA面のオーケストラサウンドとの融合性に行き着く傾向が多いね。

 ちなみに5年後の1976年にメンバーも入れ替わっていたんだけど続編となるコンチェルト・グロッソ2というものをリリースしていて、もちろんかなりの秀作なんだけど、ちょっとポップ…と云う言い方も変なんだけど、メジャー路線的になりすぎているかな。その分聴きやすいし、作品としても実に良くできているんだけど、緊張感ってのがないんだよな。コレ重要だからさ。ま、お得なのは「N.1」と「N.2」が1CDに入ってるのを入手することかな(笑)。

New Trolls - UT

UT     (紙ジャケット仕様)  叙情派と言えばイタリアンロック…、月初にイタリアンで始まったくせにまたここに舞い戻ってきているという有様。英国の牧歌的なものを聴いていたらコテコテに叙情的なものを聴きたくなってきていくつかのユーロコレクションを紐解いて見ました。こういうのって気分にならないと聴かないので丁度よかったんです。

 あんまり詳しくないんだけどその辺のバンドで好きだなぁ〜って思った中のひとつにニュー・トロルスってのがあってね、もっとも最初が「コンチェルト・グロッソ」だから思い切りクラシックとロックの融合による傑作っつう、そんなバンドイメージだったのでもう一つの傑作と呼ばれているこの「UT」を聴いた時にはちょっと「?」って感じだった。別にオーケストレーションが壮大なクラシックロックでもなくって、普通にイタリアンな、と言うのもおかしな話だけど、かなり方向性変わったんだな…っていうとこか。このバンドって結局はポップスに走るので多様性はお手の物ってことなんだろうけど、短期間でここまで変わってしまうのね。それでももちろんいきなり変わったワケでもなくってコテコテ度はあるけどちょっと爽やかでもある…、そしてどこかハードロック的要素が強くなってきて、鍵盤の比重も高いのかな。壮大な、というのよりもテクニックで曲を聴かせるっつうのもあるしもちろん壮大な楽曲もあるけど、総じてギターが目立つハードロックみたいな要素強し。5曲目の「Nato Adesso 」なんてこのアルバムリリースが1972年でしょ?だから当時最速のギターフレーズでもあったんじゃなかろうか?と思えるくらいのスピードプレイを聴かせながら、即座にメロディアスな味のあるギターも聴かせるという凄いワザ。英国のロック連中ではこうはいかない。ジャズ的でもあるかな。

 しかし…「UT」は白熱して一気に聴けてしまうアルバムだ。ジャケットはシンプルなものでタイトルもシンプルだけど、中味がこれだけ熱ければそりゃ名盤になるわ。この後バンドは分裂してGianni, Frank, Maurizio NicoとNew Trollsになるのでした…。これもまた探してみないとね。ここの所、ちゃんとイタリアンロックっつうのも整理して聴いていこうかな、と思い始めているので…。

Ibis - Sun Supreme

サン・シュプリーム(紙ジャケット仕様)  イタリアンロック…ユーロロックっていう言い方は今もあるのだろうか?妙に国別に分かれていたりするので情報が多くなってそれぞれきちんと区別する用になったんだと言うことかもしれん。ま、それは良しとしてアチコチ多方面で評判のよろしいこのバンド、Ibis。アチコチっつってもあそことあそこで、ってことだけど(笑)、何となくね、もっと凄く稀少なアイテムなのかなぁ〜って思ってたから今の時代にすんなり手に入ってしまって「あれ?」って感じだけど、絶賛されるだけの内容だな、これは。

 1974年リリースの「サン・シュプリーム」一作目、っつうかもともとがニュートロルスなので新人の一作目とはワケが違う。陳腐な言葉でしか書けないんだけど、シンフォニックでテクニックばっちりでコーラス隊もしっかりしててメロウな曲もハードな曲も同居した組曲形式の作品。ちょっとあちこちのレビューなんかも目を通したんだけど、イタリアンロックの雄だったメンバーが英国プログレに通じるようにか、英語で歌っているってのが話題にもなって、英国ロックとイタリアンロックの中間とも呼ばれていたみたい。うん、聴いてみると云いたいことはわかるんだけど、どう聴いても英国ではないロックです(笑)。なんつうのかな、こんなに出来すぎたロックってのは英国にはないもん。ちょっと飾られすぎてるっつうかね、イタリアンです、これは。

 しかし中味はとにかく凄い。アンサンブルや演奏力はもちろんのことなんだが、楽曲レベルの高さと飽きさせない曲展開や進行、そしてバラエティに富んだメロディとアレンジが幅広さを物語る。それでもIbisとしての個性はきっちりと出している名盤。冒頭のアコースティックギターの音色と曲中に出てくる破壊的なサウンドとコーラスワークが極端で面白い。そしてメランコリックなメロディまでもが登場するもののあくまでもバンド楽曲で成り立っているところが素晴らしい。妙な楽器が入ってないってのは自信の表れでもあるし、やはりロックらしい試みの原点ってのが良いね。

 今じゃ当たり前になってきたけど、メタルとプログレの融合ってのもこういうの聴いていると普通にわかるし、そのままじゃないかっつうのがわかる。ってことはその手のサウンドの原点はイタリアンロックにあったのかもしれない。しかしいつも不思議に思うのだが、これだけの優れたバンドを一気に輩出したイタリアンロックという世界はなぜ一瞬だけのものだったんだろう?もっともっと世界的に出てくるバンドがいても良いし、知られていてもおかしくないでしょ、これだけのレベルの楽曲をこなすバンドがいたんだから。でも今はあまり聞かない。なんでだろ?不思議だよなぁ…。

P.F.M - Chocolate Kings

チョコレート・キングス(紙ジャケット仕様)  何となくイタリアな気分なので立て続けにイタリアもんを聴いてみようじゃないか、ということで適当にゴソゴソ…。相変わらず自分ちの棚が楽しく見える。なんだっけ、これ?みたいなのもまだまだあるんだなぁ…といつものことだが本筋を忘れて横道へ横道へ逸れていくのだが、途中で引き返す。ま、そうやって漁って音楽を聴くのが一番楽しいんだけどさ。んで、ひっぱり出してきたのが何ともメジャーなアルバムです。

 1975年リリースのスタジオアルバムとしては5作目となる「チョコレート・キングス」。P.F.Mって1971年のデビューとのことなのでここで5枚目ってのはかなりのペースでアルバムリリースしてるし、多分もの凄くバンドの中が熟していたんだと思う。まぁ「」で世界的に有名になり続く「L' Isola Di Niente」ではP.F.Mというバンドのひとつの方向性を出したワケなので全盛期であることに疑いはないけどね。そしてその野心を強化するべく「チョコレート・キングス」ではもう一人英語力の強い元Acqua Fragileのボーカリストを一人追加。これがなぁ、なんかピーター・ガブリエルとかフィル・コリンズみたいなのであまり好きじゃないタイプの歌声なんだけど、その分作品の質の高さが上回っているから、まぁ、まだ救われてる。

 アルバム自体はもうねぇ、もの凄く安定しているのでありきたりの言葉でしか書けないけどシャープでソリッドでテクニカルで完成度の高いものなので普通にロック好きな人なら気に入るだろうと思う。ただ、何故かどっぷりと何回も聴いてハマり込める深さは自分的にはあまりない。何でかは知らないけど、もの凄く熱くなれるかと言われるとそれも割となかったりするサウンドでね、やっぱどこかアンテナに引っ掛かりきらないってのがある。不思議だ。でも好きなのは好きなので…。

 アルバム中の傑作は最初の「From Under」っていうのとタイトル曲「チョコレート・キングス」だと思うし、実際にタイトル曲「チョコレート・キングス」はスリリングに楽しめる曲なんだけど、昔で言うB面の最初を飾る後半の曲では大作二つで締められていて、やっぱりこういう風になるとP.F.Mは強い。イタリア的ドラマティックさを露骨に出せるから、聴いている側もその世界に騙されてもいいかな、と思えるくらいで(笑)。まぁ、しかしテクニックは凄いなぁ。楽曲アレンジや才能ももちろんなんだけど、やっぱ全盛期のバンドの音なだけあってどこを切っても素晴らしいの一言。白熱したサウンドに引き締まった演奏、ジャケットに象徴されるユーモアセンスも見事なものだし。

 いや、何回もP.F.Mにきちんと取り組もうと思ったんだけど毎回途中挫折していて聴くアルバムが3〜4枚に限られてしまっているのが自分ながら勿体ない。やっぱりこれもまだまだトライするべくバンドだな(笑)。

P.F.M - World Became The World

甦る世界  イタリアンロック及びイタリアのプログレッシブバンドを世界に知らしめたバンドとして名高く、更にその地位をしてさも当然とも云える強烈な演奏技術とアレンジ力、そして曲構成の素晴らしさと洗練されたサウンド作りのどれもが世界レベルに相応しい「Premiata Forneria Marconi」、通称P.F.Mと呼ばれるバンドだ。キング・クリムゾンを離脱したピート・シンフィールドがイタリア国内で既にデビューを飾っていたこのバンドのアルバムに英語詞を提供し、編集してリリースされたアルバムが有名な「幻の映像」で、供給元となったレーベルはEL&Pの設立したマンティコアレーベルだったというのも世界デビューの話題を手伝っている。

 その後1974年、世界デビューして好評を博しているP.F.Mの次なる作品となった「甦る世界」と呼ばれるアルバムがとにかく最高に格好良い。もちろん以降も別の意味でのかっこよさは持っているのだが、このアルバムは美しさも激しさもテクニックもハートも構築美も野性味も全て持ち合わせているので面白いのだ。もちろん世界デビューした後なのでそもそもは英語バージョンでアルバムリリースされていたみたいなんだけど、やはりイタリア国内をナメてはいけないってことかどうかは知らないが、しっかりとイタリア語バージョンも同じアルバムでリリースされている。面白いのは英語版は青いジャケでイタリア語バージョンは緑色のジャケになっているところ。わかりやすくて良い(笑)。しかし、この二つは収録されている曲は英語バージョンの方が一曲多くって、しかも曲順が異なっているのでちょっと厄介だ。…アルバムっつうのは、しかもこういうサウンドを奏でるバンドのアルバムっつうのはやっぱり曲順に意図があると思っているので、どっちが正当なんだろうなぁとか考えてしまうワケさ。まぁ、英語版の方が自然な気もするので、…というか、英語バージョンの方が親しみがあるからってのもあるんだけど、どうしてもしっくりくるんだな。あ、イタリア語のP.F.Mの良さってのも比較論で聞くとなるほど、とは思うんだけど、やっぱり根が英国ロック好きなのでやっぱり英語版の方が聴きやすい(笑)。イタリア語の響きが好きだって人がいるのもわかるけどね。

 しかしこのアルバム、ホントにカラフル且つ音色がとっても艶やかで聴いていて楽しくなる作品でいいよね。いわゆるおどろおどろしいトコロが全然なくって、サラッと美しく楽しくロマンティックに聴けるんだよ。こういうのはイタリアン聴いててもあんまりない…と云うかさすがP.F.Mの世界って感じで、他の国にはこういうの出てこないってのもあるな。いわゆるプログレって思ってる人もいると思うけど、どっちかっつうとポップス…ん?おかしい?ま、そうかもしれん(笑)。しかしマウロ・パガーニのバイオリンと元アレアのベーシストの味は凄いな…。

P.F.M - Jet Lag

Jet Lag  ロックバンドでは主要な人物というものが大体在籍していて、概ねそういう人物がバンドを引っ張り解散させていくことが多いのだが、時には主要な人物が脱退してもがいた挙げ句別のバンドのような音世界で甦ってくるというのもある。不思議なのは主要人物が抜けてもまるで音が変わらないバンドもあって、果たして何が主要だったのかと首を傾げる事もあるが(笑)。さて、マウロ・パガーニという主要人物を欠いたP.F.Mというバンドの行く先はどうなったのか?

 時は1977年にリリースされた「Jet Lag」という作品がその答えのひとつ、もうひとつはもちろんマウロ・パガーニがリリースしたソロ作「マウロ・パガーニ ̄地中海の伝説(紙ジャケット仕様)」だね。…とまぁ、なんとなく知ってることを書いたけど音的な所での感想ってのはあんまり記憶にない。ってのも昔聴いた時には好みでなかったから。んでまた今聴いてみるんだけどさ。全体感で言えば、ロックの世界から逸脱しつつあるのかな、と。自分的に言えば綺麗になりすぎてるんだよね。音がさ、ロックの音じゃなくて多分テクニカルなフュージョンとかクロスオーバー系の音色しているんだもん。作品的にはプログレって言えばプログレなんだろうけど、もっと民族的なものに根ざしているっていう方が近いかもしれん。いや、駄作ではないと思うし、テクも聴いている感覚も悪くはない。ただ、もっと激しさとか重厚さとかを期待しているとちょっと違う。マウロ・パガーニではなくアメリカ人のバイオリニストを入れて制作されているというが、やはりエキセントリックな面は異なるのかな。それよりもギターの音だったりもっと影ながら凄いなぁ〜ってのはベースだね。フレットレス?らしいけど、良い音刻んでて長時間の曲であればあるほど面白いのはプログレの醍醐味。

 ぱっと聴いてどこの国のバンドかを判別するのは非常に難しい音色を出している。時代背景からしたら全く売れないだろうと思う面もあるし、その分フュージョンの世界ならば受け入れられた世界じゃないかな。でもちょっとプログレ過ぎるか(笑)。やぱその中途半端さがロックなのかなぁ〜。しかし歌が入ってくるとどうにもピーガブをイメージしてしまってよろしくない。

 ちなみにジャケットはよく見かけるのが英国盤仕様っつうか全世界仕様らしいけど、イタリア盤は紙飛行機を真横から描いていて背景は雲が描かれたものらしい。何気に世界向けのリリースを分けているのはイタリア語と英語盤の違いの表れでしょ。

Mauro Pagani - Mauro Pagani

マウロ・パガーニ ̄地中海の伝説(紙ジャケット仕様)  アチコチで評判の良いアルバムだったので一度聴いてみたいと思いながらもなかなかCD買うまでは進まなくて、そのまま放置になっていたマウロ・パガーニの最初のソロアルバム。PFMでの活躍云々ってのもまだまだ自分的にはきちんと把握できていないので、そこでソロ作品がどうの、と言ってもなかなか進まないわな。それでもふと思い立ち、というかレコードを見かけたので、そういえば…ってことでアナログ入手して聴いてみる。それにしてもこのキングのアナログ盤、綺麗な美品で素晴らしい。国内盤はしっかりしていて良いねぇ。

 1978年リリースのPFM脱退後のファーストソロアルバム「マウロ・パガーニ ̄地中海の伝説」。ジャケのイケメンを前面に出したアイドル性が売りではなかったと思うが(笑)、かなりファンを惹き付けるものではあるだろう…。この人ってバイオリンとフルートを吹く人、なのかな。詳しく調べ切れてないのでよくわかんないけど、いいや、そういうのは後回しで。

 ロックに於けるバイオリンのヒステリックさというか音色の特異さは非常にインパクトが強いので好きなんだけど、こういう形で聴けるバイオリンってのはロックの領域なんだろうか?と疑問符を抱くレコードではある。プログレとかユーロロックとかのファンだからこの「マウロ・パガーニ ̄地中海の伝説」を好きになれるかと言うのはちょっと音楽的には違うと思う。でも、新たなる領域の発見という意味では好きになれる可能性は大いにあるんだろう。実際自分も思ったけど、これ、凄く爽やかで熱い感じ。んで、イタリア独特のしつこさはほとんどないので聴きやすい。そしてバイオリンの音色はもちろん、女性ボーカルが一部入っているんだけど、結構強烈なボーカルで、熱い国の歌なんだよね。それが強烈で、間違っても普通に英国とかアメリカとか日本とかでは出せない音だわ。民族音楽的とか地中海音楽をベースにとか良く言われているけど、よくわからん。地中海ってこういう音楽なのか?ただ、あまり聴いたことのない土着的な音楽ではある…。

 こんだけバイオリンを聴かせてくれるインストものの多いロックのアルバムって少ないんじゃない?多分音楽のレベル的にも非常に高いものだろうし、バックにはアレアやPFMのメンバーが参加しているようなので、テクニック面ではもちろん安定した演奏だし、自分の追求したい音をしっかりと出し切れたっていうトコか。これが満足度高かったためか以降のマウロ・パガーニ自身の音楽活動は第一線ではあまり見られなくなってきたとか…。やっぱり常に物足りない、なんて思ってるくらいが丁度良いのかもね。

このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.