イタリアの雄 : Reale Accademia Di Musica / Maxophone / Museo Rosenbach / Quella Vecchia Locanda / Osanna / Le Orme



Zarathustra Felona e Sorona Ys 甦る世界(K2HD/紙ジャケット仕様) マクソフォーネ ̄生命の故郷(紙ジャケット仕様) Pictures 汚染された世界(紙ジャケット仕様) 歓喜の時(紙ジャケット仕様) メロス(紙ジャケット仕様) 夢のまた夢(紙ジャケット仕様)

Reale Accademia Di Musica - Reale Accademia Di Musica

レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカ(紙ジャケット仕様)  ゆっくりと過ごす時間がたっぷりと取れたことで気分的にゆとりを持ったが故にこういう音楽を聴いていられるのかもしれない。日常の忙しい中でももちろん聴くんだけど、どこかイソイソと聴いている感は否めないし、じっくりと何度も聴き直す時間ってのもなかなか取れないから割とプログレ・ユーロ系のものは外れるんだよね。しかもじっくり聴いて楽しめるものは余計に日常から外れる。だからこういうゆっくりできる時期にじっくりと聴くのは自然な姿なのだろう、きっと。

 ちょっと前にレコ屋で何気なく眺めていてそういえばこれ…って久々〜♪ って思ったアルバム。レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカの1972年の最初のアルバム「レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカ」。随分昔にアナログで買っていて結構聴いたなぁ〜と思い出したんだけど、すっかり記憶から抜け落ちている。ただ、凄く良かったアルバムだったよな…という印象だけが残っていたので再度久々に聴いてみたのだ。

 最初のアコギの牧歌的な旋律から見事に引きずり込まれる音でして、この辺はイタリアのバンドっていうのをちょっと忘れる。ただまぁ聴いていくウチに英国ではない音ってのはわかるんだけど、かと言ってイタリアンな歌やメロディが多いかと言われると割とそうでもない。暑苦しさがないからかもしれないけど、結構スマートなんだよね。イタリアンロックって結構押しつけがましいところがあってさ、それで暑苦しいから聴いていてもその世界にハマれるってのがあるんだけど、レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカにはそういうのが割と薄い。もちっと幻想的でよろしい感じ。ピアノの激しさが心地良かったり割と壮大なテンションで迫ってくるテクニック感も面白くて、どっちかっつうと楽曲と楽器で迫ってくる面白さ。かなり燃える音だな…。

 ジャケットもどこかコケティッシュで、ヨーロッパ流のセンスなのかユニークな絵が描かれているしね。メンバーの来歴とか色々あるんだろうけど、結局このバンドとしてはこの「レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカ」ともう一枚「森の羊飼いの童話」っつうのが出ていたみたいだけどセカンドの「」は聴いていないのでよくわからん。ただ、この「レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカ」ほどの出来映えではないっつう噂なので、あとでいいかな、と。それくらいファーストの「レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカ」が美しく飛び抜けた作品とも言えるかな。

 しかしイタリアンロックってこんなに紙ジャケやら何やらとCDがリリースされているんだ…。今や何でも手に入るんだろうな、こういうレアだったものが。凄い良い時代だけど、あまりにも過剰供給でもあるように感じるが…、ま、聴けないよりは良いんだろう。

Maxophone - Maxophone

マクソフォーネ ̄生命の故郷(紙ジャケット仕様)  イタリアンロックに求める美しさ=ドラマティックでクサイほどの叙情性と構築美、更にカンタトゥーレの流れと美しい楽器なら何でも入れて盛り上げるが、更にハードなギターがあれば最高。曲調は当然ながら美しく激しい展開が組み込まれ静と動が綺麗に存在していることなどなど色々と云えることは多いのだが、中でもこのマクソフォーネと云うバンドはそれら全てを兼ね添えており、更に重苦しくならないという軽快さをも持っているので初心者が手を出すには非常に取っ付きやすい作品をリリースしている。

 時は1973年、唯一のアルバム「Maxophone」をリリースしているが、以降シングル二枚程度しか発表していないので現行CDではこのシングルも含めて全曲収録の一枚物CDが入手可能(だと思う)。まずクレジット見て驚くことに6人編成のバンドに加えて5人程度のゲスト陣参加ってことなので、簡単に言えばありとあらゆる楽器の音が聴けるってことです。一曲目からその効果はしっかりと現れており、実に多彩でカラフルな音色が飛び交って聴いていると次々と出てくる音色に惑わされてしまう、そして曲そのものの美しさも手伝い、その音空間に惚れ込んでしまうという(笑)。いや、最初の幻想的なピアノの音色からして「ん?」って引き込まれるんだけど、続いて出てくるハードに歪んだギターってのとドラムがさ、ロックなんだよね。こういう展開は後のヘヴィメタに顕著なんだけど、凄く格好良いんよ、ホント。でもって歌もイタリアのいやらしさはなくてかなりすっきりとした爽やかな歌声なので好感が持てる。多分、英語盤聴いてるからってのが大きいと思うんだけど(笑)。

 書き漏れてたけどこのバンドのこのアルバムはイタリア語バージョンと英語バージョンがリリースされていて、自分が聴いているのは英語バージョンなので結構違うんだろうなぁと思ってます。実際曲順そのものも違うワケで、それはもう別のアルバムっても過言じゃないよなぁ…。イタリア語バージョンだともっとしつこくなるのかな?多分この声質とエフェクトだったらそんなでもないんだろうなと推測してますが…。イタリア語バージョン聴かないとダメっぽいな…突っ込まれそうだし(笑)。

 しかしこのバンドは英国ロックファンでも多分すんなりと取っつけるサウンドだろうなぁと思う。クィーンのセカンドみたいなのもあるし、音の作りが凄く英国的なところが見え隠れするって感じるけどな。質感的にはWishbone Ashな感じなんだよ…。曲が違うんだけど。やっぱり多種多様の楽器を上手く使ったカラフルな音色と荘厳なるコーラスとエグイギターがこのバンドの特性だし、一枚しかリリースされてないからそれを聴きまくるしかないってのもファンが多い理由だろうね(笑)。

Museo Rosenbach - Zarathustra

ツァラトゥストラ組曲(紙ジャケット仕様)  ハード&インテリジェンス且つドラマティックな美しさを持つ世界となるとやはりイタリアが一番と言うことになる。70年代のイタリアンロックはそれこそある面ではブリティッシュ・ロックに負けないくらいの技術とサウンドを持ったバンドがゴロゴロと出てきたものだ。英国的サウンドとは一線を画す、…とは云えどももちろんその叙情性に於いては英国ならではのものもあるのだが、イタリアの叙情性というのはやはり元々がカンツォーネの国、且つ暑苦しい…否、熱い国なのでその情熱がモロに音楽に反映されているとは言い過ぎだろうか。

 そんなイタリアンロックの中でも自分が最初に触れたアルバムがムゼオ・ローゼンバッハというバンドの当時は唯一だったアルバム「Zarathustra:ツアトゥストラ組曲」だ。当時英国産ロックにどっぷりと浸かっていた時期だったんだけどマンティコアレーベルあたりからPFMがチラつき、レコード屋のプログレコーナーの続きには必ずユーロロックコーナーがあって(笑)。で、結局どんなのが名盤なんだ?っていうのは気になるのでいつの間にかあれこれ覚えてしまっていたという、でもこのアルバムはクリムゾンの叙情性が好きだったから最初に手に取ってみたアルバムってことだね。もちろんその後のコレクションがどうなったかは言うまでもないことでしょう…。

 ムゼオって何で一枚で終わってしまったんだろ?勿体ない…。しかし、この唯一だった作品はもうクラシカルで自己満足型の叙情性たっぷりの美しいメロトロンが堪らなかったな。軽快なドラムのフィルインも凄く感情を呼び覚ますきっかけになるし何と云っても歌がさぁ、イタリア語なワケで、巻き舌且つあの発音でロックなのでそれだけでもうご満悦よ(笑)。しかし、この作品は実に音楽的に凄くて、ドラマティックな美しさがあるし、嬉しいことにメロトロン+ムーグはともかく、しっかりと歪んだギターってのが入っているのがよりロックらしさを増しているね。曲展開も実はいきなり曲調が変わるという繋ぎ方も多くて、これは組曲という特性なのかもしれないけど、へぇ〜、って感じなんだけど全体の構成美からすると全然問題なくって凄いんだよな。攻撃的で勢いのある、そして叙情的で泣きのメロディーたっぷりってのが良い。

 ん〜、それほど詳しくはないけど多分凄い名盤のハズ。日本盤がリリースされる程のイタリアンロックってのはそもそもがそのレベルなハズなんだけど、その中でもかなり上位に位置する名盤だよ。…ま、自分でその時聴いてすげぇな〜ってず〜っと覚えてるんだからインパクトあったんだよね。で、久々に聴いたらやっぱり面白くてつい聴き込んでしまったんだが(笑)。しかし1999年になって突如の再結成によるアルバムリリースには驚いた。もちろん聴いてません(笑)。

Quella Vecchia Locanda - Il Tempo Della Gioia

歓喜の時(紙ジャケット仕様)  ちょこちょこと赤黒のCD屋さんに行くと色々と出ているなぁ〜と実感するんだけど、それにしてもコーナーを独占しているのが紙ジャケコレクションっつうのが「常に」ってのが何とも顧客ターゲットをきっちりと見据えているというか制作側も好きで作っているというのか…。果たして今はいつの時代なんだろうか?と思うくらいだ。それは本屋の音楽雑誌のコーナーでも同じで、表紙を飾るバンドを見ているといつの時代の雑誌なんだ?と思うくらいにクラシックロックな連中が表紙を占めていることが多い。CD屋に行っても紙ジャケ再発で古いのばかりが並んでいる。基本的には紙ジャケってのはアナログと同じなのでアナログ盤の方がでかくて馴染み深いので好きだし、紙ジャケの良さってのはあまりわかっていない。まぁ、ただそれで新たにCD化されるものもあるし、廃盤が再発されて手に入れられる、しかもリマスターされていたりするからそれはそれで良いんだろう。今後日本のCDはどんどん紙ジャケ化してSHM-CD素材みたいなのに進化していく方が良いのかもしれない。っつうかそうなりつつある気がする…。

 そういうことで最近店頭で見かけるジャケット。一昔前はスーパーレアなアナログアイテムとして名が高かった記憶はあるが、すっかりその影もなくなり、今ではその音が評価されているようで。もちろんその音の評価が高いのが当然と思える、そして値段が高かったのも分かる気がするクエラ・ヴェッキア・ロカンダの「歓喜の時」です。1974年リリースの二枚目の作品で、この手のバンドが二枚アルバムを出すってのも珍しいことだし、それがどちらも傑作ってのも珍しい。イル・ヴォーロくらいじゃないだろうか、そういうのは。いや、イタリアンロックって詳しくないのであまり語れないんだけど、最近はその辺もちゃんと系統立てて追いかけ始めていてね。うん、改めてイタリアンの熱い極端な展開が心地良いので。

 この「歓喜の時」っつうのはホントにねぇ…、胸がドキドキするような繊細なピアノとバイオリンがキレイで、ゾクゾクするんだよね。歌にしてもギターにしてもさ。2曲目の「様式美的」っつう曲なんてホントに美しいし、正に叙情的なシンフォニック曲。そして3曲目の「歓喜の時」はアルバムタイトルになるだけあって全ての要素が詰め込まれた曲で、ギターも良いしもちろんピアノもバイオリンも…、なかなか言い表しにくい独特のイタリア調。ここまでがアナログA面でして、B面は大曲2曲。これがまた、壮大なコーラスとか目まぐるしい展開とかコロコロした感じの音がどんどん出てくるので面白い。この時代のスネアの音ってこういう音なんだけど、好きなんだよね。軽めだけど…、クリムゾンに影響された音なんだろうけど、非常に聴きやすくてよろしい。

 うん、イタリアもん、徐々に聴いて感動していこう…。で、一方では全然違うジャンルのものも追求し始めたのもあるけど…。自分の雑食加減を楽しんでる毎日♪

Osanna - Milano Calibro 9

ミラノ・カリブロ9(紙ジャケット仕様)  イタリアンプログレッシヴロックの醍醐味を象徴するバンドのひとつにオザンナと呼ばれるバンドが存在している。一般的には1973年発表の三作目「パレポリ」が傑作と云われ、実際にもの凄いアルバムではあるんだが、今回は1972年発表の二作目「ミラノ・カリブロ9」にハマってみた♪

 やっぱりイタリア的なストリングスによる美しい盛り上げ方を得意としていて、ドラマティックな静から動への曲構成は素晴らしく美的なバロック音楽。こういうトコがイタリアだよなぁ。ギターもしっかりと自己主張していて、この時期のイタリア独特のエグい音で切り込んでくるサウンドが特徴的と云えば特徴的。あ、フルートの狂乱ぶりもなかなか派手なので結構ゴッタ煮的なんだけど、美しさという点に於いては一貫した見事なアンバランス的構築美(笑)。ニュートロルスなんかと一緒に聴いていると面白いかも。

 で、この「ミラノ・カリブロ9」というアルバムはどうやら同名映画のサントラとして作られたらしいが、これがサントラで通じるのか?ってなくらいやりまくっているので一体この映画ってどんなん?って思ってしまうんだが…、そのせいか叙情性に長けた曲から派手に作られたドラマ的展開を見せる曲、フルートが効果的な印象を与え、且つ英語で歌い上げるイタリア的熱唱法はカンツォーネロックバラードとして最高級の出来映えだろう。曲構成がプレリュードからテーマへと渡る組曲形式になっているのでアルバム全体は30分強しかないが、世界を堪能するには十分なくらい中身の詰まった作品。

 こうなってくると俄然三作目「パレポリ」への期待が高まるでしょ?これがまた凄いんだけどね(笑)。

Le Orme - Elementi

Elementi  イタリアンロックは奥が深い。簡単には制覇できないのは当たり前としてまず名前が覚えられない(笑)。だから非常に混沌とした印象がついて回る…のは自分だけ?多分そういう理由もあってなかなか進みにくいコレクションなのだ…。んで、こないだもレコ屋でレ・オルメという名前は非常に有名で、アルバムも「 フェローナとソローナの伝説」が傑作と知っていたバンドのなんとなくの雰囲気で手にしたアルバムがこちら「Elementi」。

 驚いたことに2001年にリリースされたアルバムでメンバーも結構替わっているとのこと。いやぁ〜、ジャケットがどこかで見たことあるような古くさそうな感じだったのできっとその頃のものだろうと勝手に解釈して入手したのだけど、まさかそんな最近のとはね。ネットで調べてみるとポール・ホワイトヘッド=ジェネシスの初期のアルバムジャケを描いていた人ってことでなるほど、ならば納得ってなとこだ。まぁ、それでも別に評判は悪くないのでいきなり新しい作品にも手を出させられたってことで聴いてみます。

 この「Elementi」がまぁ、いつの時代かと思うくらい余裕にプログレをやっているのですな。ちょっと洗練された音色ってのは時代の産物としても、構成や曲の作り方なんてもうイタリアのユーロロックではなくってどっちかっつうと英国のプログレ風に出来上がっていて、やっぱりキャリアのあるテクニシャンは違う。面白いかと言われると、ちと考えるけど、レベルは相当高い音だし、よく出来ているアルバム。多分、新しい作品=年寄りなので若気の至りのような熱気が籠もっていないのが自分的にはハマり切れない部分じゃないかな。音だけで言えば相当に凄い気がする。ツボにハマる手立ては全て知り尽くした人達による作品だから思い切りのめり込める音だし。

 昔からのプログレバンドとかが再結成してライブはともかくアルバム出したりするようになってるけど、どうなんだろうねぇ、そういうのは。嬉しいっつうのもあるけど、買って楽しみに聴くか?って言われると結構自信ない。よっぽど思い入れあればそういう感覚もあるかもしれないけど、ちょっとなぁ…。そういう否定感はあまりに保守的なリスナーなのかな。できるだけアグレッシヴに聴いていきたいんだけどね。

このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.