イタリアの雄 : Il Balletto di Bronzo / Formula 3 / Celevello / Il Rovescio della Medaglia / Il Volo / Goblin / Il Baricentro



Zarathustra Felona e Sorona Ys 甦る世界(K2HD/紙ジャケット仕様) マクソフォーネ ̄生命の故郷(紙ジャケット仕様) Pictures 汚染された世界(紙ジャケット仕様) 歓喜の時(紙ジャケット仕様) メロス(紙ジャケット仕様) 夢のまた夢(紙ジャケット仕様)

Il Balletto di Bronzo - Ys

Ys  イタリアンプログレッシヴロックの中で際立った才能を放つ驚異的なバンドで挙げられるのは何と云っても Il Balletto di Bronzoだろう。美しき知性と暴力的なまでの狂気を同居させているこのバンドはテクニカルな面でも申し分なく、またイタリアン独特のしつこさからも離脱した驚異的なバンドである。

 そのイルバレの圧倒的な代表作としては1972年にリリースされたアルバム「YS」を於いて他にない。いわゆるプログレッシヴバンドとしての神器をほぼ全て使い、更にはハードロックの代名詞である歪んだギターも採り入れた独特の世界であることは間違いなく、この魔力に取り付かれた英国ロックファンは多いはずだ。冒頭から荘厳な女性コーラスによる幕開けにより、アルバム全体の重みを伝えている。正に研ぎ澄まされた感性の全てを音にしたとしか云いようのないくらいに細部の音ひとつひとつが作り込まれている、そんな印象で、この手のバンドには外せない軽快且つ手さばきの美しいドラムも好み♪多分このバンドの好みが分かれるところはクセのあるボーカルの声質だろうなと思う。バックの演奏があまりにも高度なため、また曲構成上ボーカルラインが非常に乗せにくい中で歌が乗せてあるため少々「うたごころ」が浮いてしまっている面も否めない。

 しかし、アルバム全体からしたらそれも些細な問題にしか映らないってトコがコワイ(笑)。荘厳なシンフォニックロックでテクニカルなプログレッシヴロックってのはこうまで凄いかって思うね。曲展開を追いかけていても実にスリリングで飽きることがなく、次には何が来るのか?という緊張感が全編に渡って貫かれており、突出して美しい音色を引き立たせる…例えば冒頭からピアノの使い方などはかなりアバンギャルドな楽器として用いられており、際立ったサウンドを聴かせているが、もちろんこの鍵盤洪水の中にあるブーストされたエグいギターの音色も際立った存在を主張している、などとにかく集中して聴かざるを得ないくらいのサウンド構築美が素晴らしい。

 1972年にこんなアルバムを発表していたIl Balletto di Bronzoだが、本作でバンドが解散しているというイタリアンロックにありがちな一発屋に近い状態ってのがもったいない。もっともこの後にはオザンナというこれまた素晴らしいバンドが結成されていくのだが、本作ほどの構築美を誇るアルバムはそうそうないのでもう少し作品を残してもらいたかったものだ。この「YS」に比べて圧倒的に存在価値が低く捉えられているファーストにでも目を向けてみようか…。

Celvello - Melos

メロス(紙ジャケット仕様)  紙ジャケ=アナログのミニチュア版が続々とリリースされることで一昔前二昔前のレアアイテムがどんどんとミニチュア版で手に入るようになり、それはもう好きな人からしたらありがたいお話。そしてこれから、もしくは最近こういった世界に参入してきたファンはありがたい状況になっているワケだ。しかしそれら紙ジャケ品などを買う人の多くは多分、既にアナログで持っていた人やもしくは初期のCDで持っていた人などだと思うし、多分初めて買うという人は半分もいないんじゃない?なんて思ったりする。それが故に中古CDや中古レコードの市場では紙ジャケがリリースされると旧盤が出回ったりすることが多い。しかもレアアイテムであればあるほど何度もリリースされるので、結果市場は飽和状態になり安価にならざるを得ない部分もある。プログレやユーロ系なんてのは市場キャパが結構決まっていたりするので、飽和状態になると一気に安価になることもあって、なかなかお得…。

 イタリーもんにちょっとハマっていながらもそろそろお腹一杯になりつつある今日この頃、それでも前述のような状況下によって引き起こされた市場原理に従ってラッキーとばかりに購入してしまった…、チェルベッロの「メロス」です。そうじゃなくても名盤として誉れ高いので普通に買おうかと思ったけど…、いや、ま、いいか、と(笑)。ラッキーに購入♪

 さて、来歴は一応活字では知っていたけれど、それがどういう事を示すのか、まではよくわかっていなくて…。オザンナというバンドのギタリストさんの弟さんによるバンドで、もちろん兄ちゃんも参加しているという代物。だからと言ってオザンナにサウンドが似るということはないハズなんだけど、似ているワケだ。っつうかそうらしい。自分的にはそういう識別が出来るほどイタリアン通じゃないので、まぁ、似ているのかも知れないけどやっぱイタリア全般的にこういう熱いサウンドなんじゃないか?なんて思う次第だけど、それでもやっぱり卓越したギターテクニックが光る。なんでもまだ、この弟君は10代後半だった頃のギターとか…。凄い。そして音も色々な雰囲気の楽器が散りばめられていて、もちろんイタリアンに熱くてしつこい歌も健在、もちろん変拍子でプログレッシヴな展開も当たり前に出てきて、それがまた迫力あるのだ。かなりヘヴィなサウンドだけど、一枚聴くと相当疲れる音で、そこにギターが細かく凄いことやってたりして…。

 う〜ん、イタリアって凄いなぁ。でも結論的にはまだまだホントに好きだ、という領域まで入り切れてない自分のロック概念があって、どこまで入り込めるのか楽しみ。そういう名盤がたくさん転がっているのも拍車を掛ける要素です。

Il Rovescio della Medaglia - Contaminazione

汚染された世界(紙ジャケット仕様)  アナログ盤ってやっぱ心地良い音がする。今となってはちょっと音圧もないし音の透明感もないんだけど、風情があるし何よりも雰囲気と空気がしっかりと封じ込められているというのかな、幻想かもしれないけど、丸いアナログの音で聴くレコードのプログレサウンドは時代を切々と反映してくれている気がする。CDばかり聴いていると余計に久々にアナログに触れた時にそう思う。

 さて、最近ハマり込んでいるイタリアンなものの結構な代表的アルバムってことで、割と目についたのが、このRovescio della Medagliaっつうバンドの「汚染された世界」。通称RDMと呼ばれるらしいが、もちろん全然知らなかった。ま、ただ覚えやすいジャケットだったのでふとアナログプログレコーナーを見ていると出てきてさ。昔はアナログのプログレって高かったから厳選して買ってたけど、今は安いので気になるもの何でも買うという状態で(笑)。特にイタリアンなんつう自分的に新たなジャンルに進出しているから余計だね。

 んで早速聴いた。もちろん一回じゃわかんないから何回も聴くんだけど…、バッハ知らないからこのアルバムがバッハのフレーズを頻繁に流用している、とかいうのはよくわからん。なので、評論家みたいなことは書けないんだが(笑)。そうだねぇ、印象だけで言えばクイーンとEL&Pとハードロックを混ぜたイタリアンだな(笑)。冒頭から美しいコーラスワークで攻め立てて何だろ、ムーグ?の音が飛び交うのだよ。曲構成的にはもちろんクラシカルな手法で、その辺はプロデューサーがニュー・トロルスの名盤「コンチェルト・グロッソ」と同じ人らしいので、わかるが…。基本、このバンドはハードロック上がりということでギターがかなり活躍しているのが聴きやすい。しかしイタリアンなドラマーはみなこういうジャズに影響されたような、言い方変えるとマイケル・ジャイルズみたいなドラムを叩くのはクリムゾンの影響?そして歌についてもあまり入っていないんだけど入ってくると結構メロディーがしっかりしていてキャッチーだったりするのも名盤たらしめているところ。

 う〜ん、シンフォニックっつうのかね、こういうの。英国では出てこないコテコテ感はもちろんイタリアンとしてあるんだけど、イタリアン好きにはちょっと綺麗すぎるのかもしれない。ま、それでも暑苦しいが(笑)。その辺のバランスが好まれているんだろうな。  バンド名はメダルの裏側って意味らしいが…、メダルの裏側って何を思い出す?平等院鳳凰堂ってのはちょっとボンビーな発想か(笑)?

Formula 3 - La Grande Casa

神秘なる館(紙ジャケット仕様)  英国ロックが最も変革に富んでいた時期の60年代末にバンドが結成され、70年にあるばむデビューを果たしたフォルムラ・トレだが、さすがに英国のブームの波を数年遅れで受けており、ある意味英国ロックムーヴメントの代弁者とも云えるアルバムを発表していく…と云う意味は元々がビートバンドでスタートしており、サイケデリックの風味をたっぷりと聞かせたセカンドアルバムまでの後、三作目の「夢のまた夢」で一気にバンドとしての才能を開花させることとなった。

 一般的にはこの三枚目「夢のまた夢」と四作目「神秘なる館」の評価が高く、もちろん自分もその辺を聴くことが多かったんだけど、以前はどちらかというと「夢のまた夢」の方が好みだった。プログレ的な要素ではなくってもっとハードロック的な要素が強かったからかもしれない。音楽としての効果的なムーグやピアノ、ハモンドなどの使い方ってのはあるんだけど、元々がトリオバンドなのでバンド的なサウンドが強くて良かったな。…とは云え、アルバムの曲構成はテーマに基づいた小曲構成になっているので、しっかりとプログレッシブ的作品ではあるんだが…。

 で、今はと云うと、「神秘なる館」の方が好みなんだなぁ。全6曲30分強という短いアルバムなんだけど、イタリア的なしつこさっつうか粘っこさがもの凄く薄れていて、英国ロック好きには非常に聴きやすい洗練されたサウンドに仕上がっている。あ、ギターの音色以外は、だね(笑)。冒頭のアコギの音からそういう洗練されたサウンドはピンと来るから面白いね。ま、とは云えども叙情性はしっかりと残っているのでコチラの作品の方がよりオリジナリティを出している、っていうところかな。アルバムリリースは1974年だから、英国ロックの風潮と同じ進み方でリリースされた作品なんだね。楽曲の変化もアコギで展開されるというのが英国ロック的で、メロディーもしっかりしてるし、いわゆるプログレッシブなサウンドだよ。B級じゃなくってね(笑)。でも楽曲そのものはそんなに偏見を持つようなプログレ系じゃなくって、ヨーロッパのポップさをしっかり持っている…。面白いな、これ。ハードロックもしっかり出てるし…、聴いていて相当面白い。うん。ヨーロッパ的でいいなぁ。アコギの使い方が滅茶苦茶美しいんだよ、ホントに。イタリア語なんかまるでわからないんだけど、聴いているとやっぱりノスタルジックというかロマンティックな気分になれるんだから面白い。こういうトコロに美学を求めてくるとスペインのプログレバンドとか面白いんだろうなぁと思う。熱い魂の国が出してくる優しいサウンドってやっぱ凄い。

Formula 3 - Songnando E Risognando

夢のまた夢(紙ジャケット仕様)  何だかんだと言って自分ちにイタリアもののレコードやCDって結構あったりするんだなぁと我ながらびっくりした。っつってもそんなにマイナーなものがあるワケじゃないのでメジャーものだけの話なんだけど、あぁ、これもイタリアじゃないか、ってな感じで頭の中で整理されていないだけなのかもしれない(笑)。うん、それならば思い切りイタリアンのバンドで書こうじゃないかって思って名盤登場。

 1972年発表のサードアルバム「夢のまた夢」。まぁ、言わなくてもわかるわな(笑)。大作志向のプログレッシブロックらしい作品で、しかもギターが歪んだ音で結構迫ってくるのがロック好きには聴きやすい。ま、それだけでなくって多様なストーリー展開もあるからドラマティックにも楽しめるんだけどね。

 「叙情的」って言葉が似合うアルバム。ユーロロックに手を出してすぐくらいの時に聴いたんだけど、これは凄いなぁと思ったし、ロックだ〜ってのももちろん感じたしね。もっと白々しいかと思ってたけどそこまでじゃなくてもの凄くツボにハマる範囲内での白々しさなのでよろしい。ま、何よりもテクニックの確かさがこの手のバンドの一連の凄さであって、イタリアから出てきてる著名なバンドはどれもこれもテクは凄いんでその辺はどうしてもテクニカルになってしまうね。その上で面白い音かどうか、だからちょっと他のロックと聴き方が違うんだというのもわかってきたし。  このアルバムはねぇ、やっぱりみんなで楽しく聴くアルバムではない(笑)。皆が皆一人で感動して聴いて話し合う、みたいなアルバムなんだよ。ホラ、名盤ってみんな聴いてるから一緒に聴いてもいいんだけど、そういう類じゃないっつうかさ。ま、いいや。

 えっと、大作志向4曲入りだけど、組曲形式なので実質は12曲くらい入っているってとこだね。メドレーで繋がっていく形式の組曲もあるけどスパッて切れて次の展開ってのもあるから、そんな感じなんだけどその分歌部分が少なくなってる。イタリア語の歌って凄く熱い感じがするから面白いんだけどね。ま、逆にイタリア語が多いと世界でブレイクできないってのもあったのかな。しかしドラマティックっつうか盛り上げ方盛り下げ方とか叙情性とか巧いよなぁ。

 ジャケットについてはアート的と言えばアートなんだろうけど、中味との意味合いまではよくわからん。腹が引き裂かれている裸の女性っていうだけなのか…、邦題の「夢のまた夢」っつうのからしても相反しているような気がするんだけど(笑)。

Il Volo - Il Volo

イル・ヴォーロ(紙ジャケット仕様)  フォルムラ・トレのメンバーが新たに結成したバンドとしてデビュー作品から注目を集めたイル・ヴォーロと云うバンド、フォルムラ・トレ以上にテクニカル且つ重厚でポップ(?)なサウンドを送り届けてくれているが、作品的には二枚のアルバムのみのリリースに留まっているようだ。

 フォルムラ・トレの最終作となった「神秘なる館」のリリースが1974年だったが、同じ年にイル・ヴォーロのファーストアルバムもリリースされている。そしてこのファーストアルバムはイタリアンロック名盤史を飾るに相応しい作品に仕上がっており、ファーストアルバムながら素晴らしい完成度を誇る。アルバム全体を通してベースラインが歌っているトコロが面白く、またギター的にはかなり効果音的にメロディーを鳴らしている側面が強く、ともすればフュージョン的なサウンドとして捉えることもできてしまうサウンドかな。個人的にはハイハットの効いたドラミングが好きなのでこのバンドは面白く聴ける要素になってる♪ 普通に聴いてしまえば多分イタリア的にはあまり聞こえない曲調が多く、より英国的なサウンドに以下付いているというか、洗練されていると言うべきか…、それでいて効果的な楽器の使い方が上手いためにちょっとヨーロッパ的な雰囲気はしっかり持ち合わせているという不思議なサウンド。歌モノとして聴けばいいのかな。

 1975年にリリースされたセカンドアルバム「エッセレ」は打って変わってインスト中心の軽快なサウンド…、プログレではなくってどっちかというとジャズ・フュージョン的なんだけど、なんつうか、リズムが凄く細かくてロック的なのでその辺の真ん中的な音に仕上がっていて面白い。もともとテクニカルなバンドなので演奏そのものは上手いから聴いていても全然苦にならないんだけど、ファーストとの違いは凄いね。同じバンドとは思えないもん。

 そういえば自分の持っているキングから出た最初のCDではこの二枚のアルバムが1CDにセットされていて一気に聴けるお得なものだったんだけど、今はちゃんとアルバム通りでしか手に入らないのかな?そりゃ当たり前っちゃ当たり前なんだけど…。ま、ユーロ的なサウンドを持つバンドではあるが、いわゆるイタリアンプログレ的なバンドではないので聴きやすいんじゃない?

Goblin - Roller

ローラー(紙ジャケット仕様)  イタリアのバンドでサントラのプロと云えばゴブリンを於いて他にない。映画「サスペリア2」でのサントラがバンドとしてのアルバムデビューと云うことだが、既に超絶テクニック集団による完璧に作られたサウンドのため、同じ恐怖映画のテーマとして一躍有名になった「エクソシスト」とは意味合いが大きく異なり、恐怖感を煽るにはこういう曲調がベストと認識して作っているワケだ。もっとも「チューブラー・ベルズ」で用いられた同じ音を繰り返し使うミニマル演奏は恐怖心を煽るには適当だと証明されているので、それっぽい作品にはほとんど使われているのは「エクソシスト」音楽担当チームの功罪だろう。

 そして1976年にはサントラではなく彼等のオリジナルアルバム「Roller」をリリースしているが、一般的に云われているほどプログレッシヴロックのサウンドではないよね。小曲が多くて時代背景もあるんだけど、ダラダラしたものは一切排除されているし、それでもシャープな展開がそこかしこで行われていたり、ギターにしてもえらくヘヴィなサウンドで効果的なメロディーを聴かせてくれたりするし、結構ジャジーなフレーズが使われていたりと爽やかに楽しめるのがポイント。そしてイタリアらしいしつこさというものが皆無に等しく、英国的サウンドとして聴ける洗練された音というのも良い。サントラで鍛えられた情景と音楽の融合はこのオリジナルアルバムでもふんだんに発揮されていて、音を聴いているとなんとなく情景が目に浮かぶという面白さが本作の楽しみ方のひとつだね。ミニマル的曲調ももちろん展開されていて、「チューブラー・ベルズ」に似た感触だなぁと思うのもあるし、なんとなくフワフワした感じの楽曲から次第に恐怖というものがイメージされてくるのもあったりする。またえらくポップだなぁっつうのもしっかりと提示されていたりするのでなかなか何度も聴きやすい作風は見事なモノ。

 この後1977年には「サスペリア」(1と2の順序が逆なんだけど、合ってるんだってさ)のサントラも担当しており、相変わらずミニマル曲調でのテーマ曲展開やら様々な楽器を用いての音楽作りとなっているみたい。1978年には再度オリジナルアルバム二作目をリリースしていて、初めてボーカルを採り入れたコンセプトアルバムに仕上げた野心作になっている。

Il Baricentro - Sconcerto

Sconcerto  ソフトマシーンのジャズロック、フリージャズへの傾倒はもちろん演奏する側の楽しみ追求なワケで、そういうバンドも多いんだけどやっぱり楽器を演奏するモノにとっては非常によくわかる解釈(笑)。それでももちろん自己満足だけでは終わっていけないっつうのもあるし、演奏する側が納得いくくらいのレベル感じゃないと聞いている側はそれを素晴らしいと感じにくいと思うんだな。まぁ、古い発想ではあるので今時の音楽では全部繋いであ〜だこ〜だと作り上げるってなもんなんだろうけど。そんなことで何気なくラックを探してフラフラ…、あ、こんなのあったなぁ、と。ソフツに影響されて久々に聴いてみたい、と。

 イタリアのバンドIl Baricentroの1978年リリースの作品「Sconcerto」。っつってもこれくらいしか有名な作品はないんじゃないだろうかと思うんだけど、まぁ、その筋の人達はどれもこれもお持ちだったり来歴もあったりするのできっと詳しいトコロはあると思う。セカンドアルバムに「Trusciant」があるかな。自分的にはこの一枚しか持ってないんだけど、正直、どんなんだっけ?ってくらいにしか記憶がなくって、確かフュージョンみたいなジャズみたいな…という程度の印象なので再度発掘して聴いてみました。

 初っ端からエラくかっちょよいじゃないか。変拍子でこれほどシャープでタイトに迫ってくるのもそうそうないし、一説で言われているように確かにソフトマシーンをもっと派手にしている感じだ。ただ、最初に聴いて耳に付いたのは音。時代的に1978年ってのもあるんだろうけど、ドラムの音とかが妙にあの80年代サウンドの音に近くて、70年代のナマい音じゃなくってさ、明るいんだよね、とっても。そういう作りにしているのかな、わざと。どの楽器もなんか煌びやかな音で録音されていて、楽曲とか演奏とかは割と良いんだけど、そういう音質面が非常に聴き慣れない。イタリアだからか?いやいや…、改めてエンジニアさん達の苦労を知ったと言う感じですな(笑)。

 アルバムはですなぁ…、どうやらギターレス、ツインキーボードというのも売りなようで、ベースもかなり自己主張していてドラムもサクサクと走っているのでバランスは相当良いんだが、ジャズっていうほど暗くはないと言うのか、もっとロック寄りの話で、ロックやってる連中が派手にジャズをプレイしました的なバンドの印象なので、曲は確かにジャズ調だしテクニックも申し分ないんだけど、軽い。深みがないのがちと個人的には「?」なんだけどそういう軽さも聴きやすくて、意外とBGM的にはかなり聴ける感じだ。

このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.