クラウトロックの雄 : Faust / Can



Zarathustra Felona e Sorona Ys 甦る世界(K2HD/紙ジャケット仕様) マクソフォーネ ̄生命の故郷(紙ジャケット仕様) Pictures 汚染された世界(紙ジャケット仕様) 歓喜の時(紙ジャケット仕様) メロス(紙ジャケット仕様) 夢のまた夢(紙ジャケット仕様)

Faust - Faust

ファースト・アルバム  一体ドイツが誇るメジャーなバンドっつうのはどうしてこういうヘンなのが多いのだろう?多い…と云うと語弊を招くのかもしれないのだが、得てしてこういう音の表現手法はドイツ人だからこそできるものなのだろうか?だから故に超前衛音楽バンドばかりがドイツが世界に誇る音楽集団として名高くなってしまうのかねぇ…。もちろんドイツ国内にはもっともっと普通のバンドがいっぱい存在しているし、しっかりとヒットチャートなんぞは普通のポップスで占められているのだけれど、それでは世界には通用しないのだろうなぁ。我が日本に於いても決してメジャーな人が世界に通じるわけでなく、灰野敬二裸のラリーズなんかの方がよっぽど世界に知られているワケだから同じようなものなんだろうな。

 …と云うことで、今日もまた、決して普通の人が興味を持って聴くはずのないドイツの誇る超前衛音楽集団ファウストなのだ。そしてそんなヘンな音楽にも目覚めてしまっている自分がコワイのだが(笑)、やっぱり何と云ってもファーストアルバム「Faust」がそのジャケットの美しさと恐怖感を煽り、購買意欲をそそるってのがまず良い。そして中味…聴いて驚くなかれ…、いわゆる音のコラージュばかりをかき集めていて、もちろんピアノやらベースらや何やらと楽器が使われているのだが、ホントに音の断片ばかりがアルバム全編に渡って鳴り響いているだけ…、「だけ」ってわけじゃなくて、もちろんそれらが恐るべき緊張感を醸し出していて、中にはホントにノイズだけしか鳴っていない部分があったり、ともすれば子供のお遊び音じゃんってのもあったりするが、断片的に聞こえるバンドとしての演奏シーンでの各楽器の際立った音ってのは凄く硬質な音でドイツらしいサウンド。

 いわゆるアヴァンギャルドな音楽っていう部類に入るんだと思うけど、こういうので音楽を形成しているセンスっていうのは凄いと思う。普通センスがなかったらやっぱり単なるノイズと自己満足で終わってしまうだろうから、それを超越したコラージュサウンドでこれだけ世界を聴かせる、そして世界に通じるってのはやっぱりどこか相通じるモノがあるんだよな。大人じゃなきゃ聴けない音楽かもしれない。この音世界に美を感じるとかなりヤバい。これも静かにひとりでヘッドフォンで聴いている、とかなり異空間に飛び込んだ気分になれるので心地良い…。ん?おかしいかも…。

 このバンドって凄く不思議で、セカンドアルバム「So Far」ではやけにポップに…っつっても普通のポップではなくってあくまでも多少まとまった曲らしき形態を取っているんだけど、ガラリと変わったサウンドを…ってよく考えたら普通に楽器は巧いんで、普通に近いことやろうと思ったらできるに決まってるんだけど、それがまとまった演奏を…なんて云われてしまうんだから如何にファーストアルバム「Faust」がインパクト絶大だったかってことなんだが(笑)、こういう歌も入ったポップ調ってのがユニーク。ドイツってヘンだよ。

 そういえばこれも紙ジャケ出たばっかで、オリジナルアナログ盤のスーパーレア度も何の其の、見事なパッケージで手に入るウチに入手すべし。ん?いや、万人にオススメはしません。ある種の狂気です、これ。

Faust - Faust IV

Faust IV  クラウトロックそのもののタイトルを冠した曲を一曲目に配した正にクラウトロックの代表格でもあるファウスト。1973年リリースの4枚目のアルバムは見事にタイトルも「Faust IV」だし、ジャケットは五線譜の羅列だし、そもそもファウストってかな〜りゆるくていい加減なバンドだったらしいとは聴くけど、この「Faust IV」っつう作品を聴くとそんなことどうでもよくなってきて、ミニマルミュージックの音の洪水に飲み込まれてしまう。一般的なクラウトロックと違って割と温かみのある音色で迫ってくるので肌触りが良いのかな、などと勘違いしてしまうような音だ。

 1973年リリースのタイトル通りファウストの4枚目「Faust IV」で、衝撃的な「ファースト・アルバム」からはかなり発展した音とも云えるワケで、一般的な感覚では理解しがたい発展系ではあるんだろうけど、紛れもなく発展している。何といっても音楽らしきものをやっているのだから。しかもそれが高度にコラージュされ、その中でもきちんとミニマルしていて反復ビートも心地良く流れている…、最初期のあの攻撃的なサウンドコラージュだけではないのだ。

 な〜んて知ったかぶって書いてもねぇ(笑)。いやぁ、どんなんだろう?って気になって聴いているだけなので歴史的な背景とか音楽的なバックボーンとかアルバム毎の推移なんてよく知らないんだけど、「ファースト・アルバム」は衝撃的だったからそこからどうなったんだろ?っていう興味が今回聴きたくなったきっかけだね。もしかしたらピンク・フロイドの「狂気」も超えてしまう作品を作り出せたかもしれないバンド…とまでは言わないけど、少なくともフロイドよりも先にこういう世界に到達していたバンドだし、ユニークの塊でもある。

 多分これもハマる人はハマるんだろうなぁ…。静かなトコロで一人ひっそりと聴いていたら面白くなってくるし、どことなく愛着が沸いてくるし、しかもサウンドコラージュが絶妙に入ってくるから幻想の世界にも入り込むし、楽しい…。ん?ヤバイか?自分…。ファウスト聴くならこのアルバムからが一番わかりやすいかもしれないなぁとも思うけど、結局全部聴かないとわかんないし、聴いてもわかんない、かも(笑)。ただ、実験的且つ攻撃的なことはどれも一緒なので、それってロック、だよ。

 しかしYouTubeでライブ映像なんてのがあって見てみると結構普通のロックバンドなんだけどなぁ…。

Can - Future Days

Future Days  ドイツのバンドと云うと、やはりかなり硬質なプログレッシヴロックのイメージが強い。これは一体どこからやってくる幻想なのだろうか?実際にドイツのプログレバンドで知っているバンドなどそれほど多くはないので、その理由を未だに知らないでいるのも事実だ。多分、ファウストのアナログジャケットの美しさの中にそれは存在していたのだろう。また、幼少期に刷り込まれたドイツ軍の戦車=鋼鉄の棺桶のようなイメージからドイツ=硬質という印象が根付いているのかもしれない…。が、多分、もっと印象深いのは実際のフランクフルト空港に降り立った時に全てが金属で作られていた空港の印象が一番強烈なのかもしれんなぁ…。あ、もうひとつ…「エロイカより愛をこめて」っていう漫画を知っている方にはお馴染みのエーベルバッハ少佐の印象も手伝っている(笑)。

 で、ある意味そのままの硬い…と云うとかなり語弊を招くのだが、一体何なんだこのバンドは?って思うくらいのサウンドなのにもの凄くメジャーなバンドとして名高いのがCanだ。ボーカルが日本人という特異なバンド編成が日本での人気を後押ししていることは否めないが、それでもドイツでこんな前衛音楽が市民権を得て遠い島国日本にまで波及するその斬新性ってのはバンドの凄さだろう。断言しておくが、いわゆるプログレッシヴロックの音楽ではない。前衛音楽であり、ミニマルミュージックであり、ガレージサウンドであり、地を這うようなダモ鈴木の歌声がこれも心地良いが、音のひとつひとつに生命の息吹が与えられていて、その生命は一体どこに向かって宙を彷徨っているのだろうと思うような浮遊感と心の中を浮遊する旋律が現実を忘れさせてくれる…そんなサウンドで、決してまかり間違っても一般人が聴ける音楽ではない。が、ロック、しかも英国の湿っぽさが好きな方なら聴けるのかもしれない…。

 そんなサウンドを顕著に認識させてくれたのがカンの6作目、ダモ鈴木の最後の参加作品となった「Future Days」である。その筋からも最高傑作のひとつと呼ばれるようだが、普通のロック好きである自分が聴いてもコレは凄い、と認識し、何気に聴き始めるともの凄く心地良くなってしまうのがこの作品♪ 静かなトコロで一人で大音量で、それか一人でヘッドフォンの世界で、多分目の前にぐるぐる回るライトでも光らせておいたら恐ろしく心地良いんだろうなぁと思うサウンド。素晴らしい…。

 他にも「Tago Mago」「Ege Bamyasi」などジャケットも面白いしもちろん中味のサウンドも印象的な作品があるのでハマってみるとドイツの前衛サウンドが世界を制する姿を見れるね。紙ジャケでも出たばっかだったような気がするのでまだまだ手に入れられるチャンスは十分にあるし、実際昔のアナログ時代では全然手に入らなかったのを考えれば良い時代になったもんだ。

Can - Tago Mago

Tago Mago  クラウトロックと言っても幅広い…、アヴァンギャルドと言っても幅広い…、う〜ん、あまり極めたくないと言うか極められる世界ではないなぁと今の自分は思う。ただ、その主旨はロックとかパンクとかと大して変わらないと思っていて、所詮表現の違いなんだろうというのがあるから違和感はないんだよね。何かをぶつけたいだけ、みたいなのは伝わってくるからロックの世界でも受け入れられる人が多いんだと。しかしアヴァンギャルドの方向性ってある意味難しいだろうなぁと立て続けに聴いていると思う。

 1971年リリースのサードアルバム「Tago Mago」。「Future Days」という最高傑作が知られるカンだけど、初期の実験的精神旺盛な頃の名盤としてはこの「Tago Mago」もよく挙げられるらしい。自分もカンを知ったのは多分この「Tago Mago」だったもん。ダモ鈴木という日本人が参加しているというのも日本ではウケが良いんだろうけど、この時代にこんなアヴァンギャルドなことをやる日本人がよくもまぁ、ドイツに行ってて、しかもこんなバンドのメンバーと知り合うものだと不思議な感じ。実際はカン側がダモ鈴木氏の街頭パフォーマンスを見て勧誘したとか…、まぁ、それでも奇遇な出会いだよね。運命なんだろうな。

 それで、音の方はだな…、サウンドコラージュとか何かよくわかんない音が鳴っているのではなくってしっかりと音楽してます。バンド形態のドラム、ベース、歌がちゃんと機能しているので、しっかりとロックバンドとして聴ける…ハズ。しかしまぁ、ビートが効いてるとかじゃないし、英国のプログレというような世界でもなくてもっと破壊的で攻撃的な音…、精神的に、っていう意味で。硬質で乾いた音の中に冷たい歌が情熱的に歌い上げているという不思議な構図で…、アナログ時代には二枚組でリリースされていた大作なんだけど、これさ、一気に聴けてしまう力強さがある…。なんでだろ?引き込まれるんだろうな、この世界に。単調さはもちろんあるんだけど意外さも展開もそこに含まれていて雰囲気に流されるというようなものじゃなくてしっかりと音が追っていけるからこそ時間を感じないっつうか…。

 3曲目の「Oh Yeah」という曲ではダモ鈴木さんが日本語で歌っているんだけど、全然わからん(笑)。完全に楽器のひとつとして歌が機能してしまっているからだろう。んで、何と言っても圧巻だ〜ってのは「Peking O」っつう曲で…、最初から異常な緊張感の中に叫び声が反響しながら迫ってくる恐怖…、うわぁ〜攻撃的だ〜と感じるんだけど、これってパンクより凄いぞ…。人間の精神世界の怖さと言うのか、もの凄く冷徹に硬質な音が迫ってくる…。凄い…。叫び声とピアノのジャムセッション、そこにリズムマシンが絡む…。

 ただ、こんなの毎日聴いてたら病み付きになるからヤだな(笑)。しかしアマゾンみるとホント何回も再発されているし、売れてるんだろうな…。凄い世の中だ。

このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.